初心者におすすめのボルダリングシューズ、選び方

ここでは初心者の方に向けて、おすすめボルダリングシューズ選び方ポイントについて書いていきます。


スポンサーリンク


まず初めに、ボルダリングシューズと書いていますが、ボルダリングはクライミングの一部門なので正確にはクライミングシューズと呼ぶのが正しいようです!!

 

今やクライミングシューズブランドは10を超え、100以上のモデルが販売されています。

一体どのシューズを選んでいいのかわからない初心者の方のためにポイントを書いていきます。

ボルダリングシューズには様々なカテゴリー分けがあります。

  • 上級者向け、ビギナー向け、前傾壁向け
  • 柔らかい、硬い
  • レースアップ(紐)、ベルクロ、スリップオン
  • ダウントゥ、フラット
  • ターンインしているか、していないか     などなど

実は、この靴が良い、悪いってのはないんです。

一番大切なのは自分の足にあっているかどうかだと思います。

初めてのシューズは履いてみてしっくりくるかどうか程度でもいいと思います。

とは言えある程度の知識があったほうがいいと思うので簡単に説明していきたいと思います。

まずはレースアップ(紐)、ベルクロ、スリップオンについてです。

●レースアップ(紐)

  eas1110314

http://www.edgeandsofa.jp/collection/other/brand/la_sportiva/miura/

長所⇒紐の締め具合でフィット感を調節できる

短所⇒足の甲を使うときに紐があるため外れやすい(トゥフックが外れやすい)、着脱が面倒

●ベルクロ

81FUUhiGMvL._UL1500_

http://www.amazon.co.jp/LA-SPORTIVA-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%90-LA-SPORTIVA-MIURAVS/dp/B00KDZVDXK

長所⇒レースアップ程ではないが一般に2本ベルクロがあるのである程度フィット感の調節が可能、着脱が容易

短所⇒ベルクロの場所により締めるポイントが限られる、時々ベルクロが邪魔になる(トゥフック)

●スリップオン(通称スリッパ)

eas060367

http://www.edgeandsofa.jp/collection/ladies/brand/scarpa/instincts/

長所⇒軽量、ヒールフック・トゥフックがやりやすい

短所⇒伸び縮みが大きく、サイズ選びが難しい

次に形状の違いについてです。

ダウントゥかフラットに分けられます。

ダウントゥ⇒文字通りつま先が下に向いている

img60320979

http://item.rakuten.co.jp/chamonix/10e/?scid=af_pc_etc&sc2id=66742679

フラット⇒靴底がまっすぐ

imgrc0064540250

http://item.rakuten.co.jp/chamonix/sc20030/?scid=af_pc_etc&sc2id=66742679

 

ダウントゥシューズはつま先に力が入りやすく強傾斜の壁に向いており、フラットは履き心地がよく、オールラウンドに使えます。初心者の方はオールラウンドに使えるフラットタイプがオススメです!

まとめるとシューズのタイプではスリップオンはサイズ選びが難しいのであまりおすすめできません。また、レースアップは着脱が面倒なのでジムでのボルダリングではあまり履いている方は見かけません。ベルクロタイプが一番扱いやすいと思います。

ダウントゥシューズは一部の壁に特化しているため、フラットシューズが無難かと思います。

大切なのはサイズや足のフィット感ですので履いてみるのが一番だと思います。メーカーによって結構な差があるのでお店でいろいろ試し履きさせてもらいましょう!

あまり機能性にこだわらずフィーリングに頼るのもいいと思います。

あと、よく小さめのサイズをお店で勧めてきますが、履いていると痛くてまともに歩けないほどのシューズにするのは2足目、3足目にしましょう!しかし、大きすぎると足の指先に力が伝わりにくいので「少しきつい」くらいでいいかなと思います。

別記事で一足目によく選ばれるエントリーシューズについて書きますのでそちらもご覧くださいね。


スポンサーリンク



スポンサーリンク


 

コメントを残す