ボルダリングで使うチョークの種類と特徴

チョークとは炭酸マグネシウムの粉のことです。ボルダリングで使われるものにはいくつか種類があります。


スポンサーリンク


ダウンロード

このような感じのものです。野球のピッチャー体操選手がつけている滑り止めの粉といったほうがイメージしやすいでしょうかね。

実はチョーク自体に滑り止めの効果はないですが、炭酸マグネシウムが吸水性に優れているため、手の汗を吸い取って滑りにくくしてくれます。

チョークには以下のような種類があります。

  • 粉タイプ
  • 液体タイプ(リキッドタイプ)
  • 固形タイプ(ブロックタイプ)
  • ボールタイプ

★粉タイプ

eas2014101738-thumb-600x896-95014

チョークバックにいれて使います。最も一般的ですが、ジムでは飛散してしまうため、使用が制限されていることもあります。粉に固形の塊が混ざったチャンキータイプというものもあります。

★液体タイプ(リキッドタイプ)

img59881937

チョークにアルコールを混ぜたもの。ボトルから化粧水のように取り出し、手に馴染ませて使います。アルコールが蒸発するとチョークだけが手に残り、白くなっていきます。また、液体タイプにはロジン(松ヤニ)を混ぜたタイプがあり、ロジン入りの方が長く手に残りますが、岩場で使う場合には簡単に落とせないので注意が必要です。

※岩に付けたチョークは最後にきれいにして帰るのがマナーです。

★固形タイプ(ブロックタイプ)

images

チョークを固形に固めたもので手に直接擦り合わせて使います。手の付けたい部分に付けれるので便利です。

★ボールタイプ

51FljjaNO6L

布の袋に粉タイプ、チャンキータイプのチョークを詰めたもの。粉チョークを飛散させずにつけることができます。ジムでこちらの使用が義務づけられているところもあります。

★選び方

いろいろ使ってみるのが一番だと思います。私は粉チョークとチョークボールを購入し、チョークバックに両方ともいれて使っていました。チョークボールの中からチョークが出るのと外からもチョークがついてくれるので手に馴染ませやすいです。

今は、チョークボールにチョークを補充するのが面倒になってきたのでチョークボールの代わりに掃除に使いマイクロファイバーを入れています。

images (2)

マイクロファーバーにチョークがすごくつくので粉チョークをこれに付けて手に馴染ませて使っています。

ちなみに使っている粉チョークはコレ↓です。

images (1)

とてもサラサラしていて手によく馴染み、チョークに良い匂いがついています。匂いは何種類かあるのでお好みで選ぶといいと思います。


スポンサーリンク



スポンサーリンク


 

 

コメントを残す