初心者必見、ボルダリング上達へのコツ!【テクニック・ムーブ以外のこと】

友達や同じ時期に始めたボルダラーに差をつけるたけの上達のコツをまとめてみました!


スポンサーリンク


とにもかくにもボルダリングがうまくなりたい!強くなりたい!

と願う初心者の方にとって大切だと思うコツを書いていきます。

ジムへ行く回数を増やそう!

今は週に何回ジムへ通っていますか?週に1~2回ではある程度までいくと現状維持がやっと言われています。しかしながら、毎日通えばいいというわけではありません。上達の中には筋力や持久力などのフィジカルの向上も含まれていますので「休養」も大切です。疲労の蓄積は怪我や故障の原因ですから無理は厳禁です。週に3~5回が上達に最適な回数と言われています。

うまい人、強い人を観察しよう!できれば話しかけてみよう!

うまい人、強い人が登っているときに足の運びや身体の使い方を観察してみましょう。後で同じように見よう見真似で構わないのでトライしてみましょう。今まで気づかなかった身体の効率的な使い方を感じることがあると思います。最初は何となくで構いません。だんだんと細かくムーブを分析しましょう。ホールドへの足の乗せ方や乗せる角度はどうか。ホールドの持ち方は細かくどの部分を持っているか、どっちに体重をかけているか。壁との距離はどれくらいに保っているか、反動の付け方はどんな感じか。細かくみていけば今までに気づかなかったことに気づくことが多いと思います。

チラチラと見過ぎるのは失礼なのでほどほどにしましょう(笑)話しかけやすそうな上級者さんがいたら勇気をもって話かけてみるのもいいと思います。「今のムーブってどうやったらうまくできますか?」とか「あそこのホールドを取るコツを教えてもらえませんか?」などなど。大抵の場合は教えてくれますよ☆店員さんに聞くのもいいですね。

自分より強い人と仲良くなって同じ課題をセッションする⇒コツを教えてもらう、吸収する

自分一人では得られない経験値を積むことができますよ♪また、知り合いができるとボルダリングジムへ行くのが楽しみになります!

体調を整えよう!

一回一回のボルダリングを大切にするためにボルダリング以外の時間や行動も大切です。特に大切だと思うのは「食事」と「睡眠」です。

ボルダリングをするにあたって体重は軽いほうが有利ですが、減量はあまり考えなくていいと思います。自然に落ちます。無理な減量はコンディションに悪影響を及ぼしかねませんね。量よりも質に注意しましょう。筋肉を作ったり、すり減った指皮の再生のために高タンパクな食事を意識して炭水化物や脂質をやや抑えめにしましょう。

睡眠も大切です。睡眠中に分泌される成長ホルモンによって筋肉の回復や補修、発達が行われます。疲れた身体でボルダリングを行うより万全な身体で行ったほうが効率的ですね☆

メンタルを鍛えよう!

メンタルって想像している以上に大事です。

特に大切だと思うことは

  1. 楽しむこと
  2. 諦めないこと
  3. 続けること
  4. 目標も持つこと

まず、楽しむことです。これには仲間をつくることが手っ取り早いですね。完登の喜びを分かち合ったり、刺激しあったりといいことばかりです。モチベーションを高く保つことが一人より楽にできます。

次に諦めないこと。ビギナーでよく聞く言葉があります。「自分には無理」「私には無理」。この言葉を言う人で上達の早い人はあまり見かけません。何事でもそうですが、やってみなければわからないし、やってみなければ上達もありません。根性論になりますが、できるまでやる!という意識はとても重要です。

次に続けること。継続は力なり。その通りですね。ボルダリングってホントに日々の積み重ねだと感じることが多いです。課題にしろ、食事面のことにしろ続けていれば少しずつ成果は出ます。結果はついてきます。私は今ジムで1級の課題をやっていますが、昔は一日でいくつか新しく登れるようになる課題がありましたが、だんだんと減ってきて、数日で1課題、1週間で1課題、1ヶ月で1課題となってきてます。でも一日一日発見はあります。前回より一手でも先に進めたら成長です。

最後に目標を持つことです。「今日はこの課題を登る!」「今日はこのホールドをとれるようにする」「今日はジムの5級課題をすべて登る」などなど小さな目標でも積み重ねることで着実に上達できると思います。

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメントを残す